(プログラム追加)2月17日研究所セミナー「気候変動からいのちを守る~人道団体のための気候・環境憲章を知ろう」を開催。令和6年能登半島地震の活動についても報告します。

お知らせ

2024年1月18日

さて、この度、日本赤十字看護大学附属災害救護研究所のセミナーを別添チラシのとおり開催いたします。

近年、激甚化する水害や猛暑など、気候変動の影響は多くの人々の脅威となっています。2021年5月「人道団体のための気候・環境憲章」が策定され、人道支援団体が環境に配慮した支援を行う努力をすることが示されました。

今回のセミナーでは「人道団体のための気候・環境憲章」への理解を深めるとともに気候変動がもたらす様々な脅威に対する研究の取り組みについて紹介し、これからの災害救護の在り方について皆様方とともに考える機会にしたいと考えております。

また、1月1日に発生しました令和6年能登半島地震の活動についても報告いたします。

つきましては、貴施設の皆様にご周知いただき、多くの皆様にご参加いただきますようお待ちして申し上げております。
なお、WEBによるライブ配信となっておりますので、事前のお申し込みをお願いいたします。登録されたメールアドレスに参加URLをお送りします。

申込URLはこちらです。

https://ws.formzu.net/dist/S819445036/

QRコード読み取りの方はちらしからお入りください。

20240206_災害救護研究所セミナー「気候変動からいのちを守る」

↑ ちらし